カテゴリー別アーカイブ: 更新履歴

...

スローガン


2019.06.26 by よねざわ光治

 久しぶりの投稿です。

 さて、兵庫県の明石市が人口増加で注目されています(明石市長も別件で注目されましたが、それはさておいて)。

 明石市は「子どもファースト」、「やさしい社会を明石から」をスローガンに人口増加のための施策、特に子育て支援に力を入れてきました。その結果、ここ8年間で人口が増加。特に注目すべきは「0~4歳人口」が増加して大きな話題になっています。

 明石市はJR神戸線、山陽電鉄沿線にあり、神戸、大阪の大都市に通勤が可能です。神戸や大阪で働く子育て世代が他市町から引っ越して明石市に住むようになったということです。まさに「足による投票」!。

 これについて私の評価ですが、、、

 ・この圏域(沿線)でゼロサムゲームをやっている。明石市で増えたということは他市で減っている、すなわち地域間競争の結果である。圏域(沿線)で考えるとプラスマイナスゼロ

 ・明石市が注目されたことにより、地域間競争が次の段階に入り、明石市の周辺の他市も子育て政策に力を入れるようになるだろう。その結果、この圏域の出生率が上がる可能性がある。既に明石市では出生率が上昇している。(同じように子育て環境の良い福井県は全国上位の出生率を誇る)

 

 さて、これを敦賀市で考えるとどういうことになるでしょう?

 ・まず、福井県内や滋賀県湖北地方と圏域内で子育て世代優遇競争をして人口の奪い合いをするべきではない。決まったパイの奪い合いの消耗戦に意味はない。

 ・次に、都市部(首都圏、関西圏、中京圏)からの移住を促進するのに、これ以上の子育て支援の強化は効果が薄いと思う。

 なぜならば・・・、

 敦賀市の子育て環境は都市部に比べるとかなり条件がよい。例えば、都市部の子育て環境が50点だとすると、敦賀市の子育て環境の点数は90点、というイメージ(大阪から敦賀市に移住した私の感想)。

 そして、既に敦賀市への移住を考え始めている人たちにとっては、この90点が95点になっても移住へのモチベーションへの影響が小さい(大阪から敦賀市に移住した私の感想。「限界効用逓減の法則」に似ている)。

 

 さて、令和元年の6月定例会の代表質問が25日から始まりました。テレビで議会中継を視聴。臨場感にかけるが、これはこれで楽でよい。

 25日の代表質問では、「人口増加のそれぞれの施策の目標人数は達成しているのに、どうして人口は目標を下回っているのか」という質問がありました。明確な答弁がなく、なんとなく次の話になったのだが、ここの話はもっと聞きたかった。

 とにかく、答弁によると現状は、「施策の個別目標」は達成したけれども「計画の全体目標」を大きく下回った、ということです。

 これは非常によくない、と私は思います。目標の立て方、施策の方向性が間違えていたことが明確に示されているからです。

 適切に目標を設定し、本当に効果のある施策を実施する計画を立てないと、これまでの4年間の人口減少トレンドは、これからの4年間も変わらないだろう。人口減少対策の部署横断のプロジェクトチームを作っても、基本的な計画の方向づけを正しくやっておかないと、時間が経てば経つほど正しい方向からのズレが大きくなるだけである。

 人口減少対策について、福井県は最近、「これまで移住政策に力を入れてきたが、今後は流出対策にも力を入れる」と言っています。主に嶺北の市町も県の政策と同じ流れで、これまでは移住政策に力を入れてきました。

 それとは真反対に、これまで敦賀市が「移住施策よりも流出対策を優先する」と明言してきたことには違和感があったし、私も議会で指摘してきました。原子力産業における流出にもある程度底打ち感があり、また敦賀市内では人手不足も言われていて、ここまでの4年間の条件は悪くなかったはずです。その条件下で敦賀市の人口は予測値を下回ってきました。

 ようやく昨年度半ば頃から移住政策も力を入れていくという方針転換が有ったことは良かったと思います。

 上手くいかなかったことも含めて、これまでの経験をこれからの人口減少対策に反映し、実効性のある施策を選択してほしい

 

 さて、今、敦賀市では「子育て環境日本一」をスローガンにして、子育て支援を人口減少対策としても力を入れて推進していくとしている。

 地道に子育て世代への支援をさらに強化することは、まさに「市民福祉の向上」であり推進すればよい。

 ただし、「子育て支援」と「人口減少対策」と絡ませることは方向性として良くない、と思います。明石市とは根本的に条件が違うから明石市と同じような結果にはならないでしょう。

 「子育て環境日本一」はスローガンとして聞こえはいいが、「敦賀市における人口減少対策として実効性のある施策」ではないと私は思っています。

 

 それはさておき、

 明石市の「やさしい社会を明石から」というスローガンには、「全国どこででも展開できる当たり前のプランを明石から『拡げる』という意味」が込められているとのこと。

 明石市長は肉親に障がい者の方がいて、その体験から「やさしい社会」への思いを持ち続けているそうだ。明石市の障がい者支援は、子育て支援ほどは有名ではないかもしれないが、当然の充実ぶりである(平成28年第4回敦賀市議会定例会で山崎法子議員が明石市の取り組みを紹介されている)。

 「明石の実践が持続可能な普遍的施策として全国に拡がっていくことを切に願っています」とはこのスローガンを説明した明石市長の言である(この人があの暴言を吐くのだから、人間は複雑である)。

 

 さて、敦賀市議会の代表質問では「どんな指標で『子育て環境日本一』を評価するのか?」という問いかけがあった。「日本一」という順位づけをイメージするスローガンがあるから、こういう質問も出るのも仕方がない。

 「やさしい社会を明石から」と「子育て環境日本一」。

 このスローガンを並べてみると、それぞれの出発点というか立脚点、あるいは目的が全く違って見えるのだが。

 とにかく、今後に期待しましょう!!

 

 

...

一夜明けて


2019.04.23 by よねざわ光治

残念ながら、目標を達成することができませんでした。

私は今日(4月22日)は一日挨拶まわり。

スタッフは事務所の後片付け。

スタッフや応援、支援していただいた方には本当に申し訳ない。

私に投票していただいた方には、期待に沿えなくて残念です。

 

選挙結果の分析はデータが出てから、ということもあるし、また解釈は人さまざまでしょう。

「僅差だった」とか「惜しかった」とか、いろいろ言っていただきますが、今はただ、選挙結果を全体としての市民の意思表示と受け止めています。

私は、もう議会で市政をチェックすることもできません。

これからは、一市民として敦賀市、地域の発展に少しでも貢献していきたいと思っています。

冒頭で「目標を達成することができませんでした」と書きました。私の最終目標は、私が市長になることではありません。

最終目標はあくまで敦賀市が素晴らしい街になっていくこと。今回私が市長になることは、そのプロセスにおいての小目標にすぎませんでした。

私の最終目標に共感し、また敦賀市のためにご尽力いただいている全ての方々の健闘をお祈りし、エールを送って、このブログの「敦賀市長選日記」を閉じます。

 

...

敦賀市長選挙日記4月20日


2019.04.20 by よねざわ光治

今日は選挙運動期間の最終日、7日目。

素晴らしい仲間に恵まれた7日間でした。

私たちの選挙活動では、選挙カーを回す部隊を「行動隊」と呼んでいましたが、本当によく頑張っていただきました。

やたらと走る候補者についていくのは大変だっただろうと思いますが、事故無く7日間を終えることができたことにはホッとしています。

とにかくお疲れ様でした。

選挙の結果については、「投票箱の蓋が閉まるまでわからない」ので、まだ頑張る余地があります。

敦賀のために最後まで全力で頑張ります。

ここに至っては私心なし、です。

...

敦賀市長選挙日記4月19日


2019.04.20 by よねざわ光治

 選挙6日目。

 日中は選挙カーで新保をスタートに市内回り。

 今日も多くの「お出まし」と車からの「お手振り」をいただいてありがたい。

 夜は総決起大会@プラザ萬象。

 多くの方々にお越しいただいたことに、まず感謝。

 5人の応援弁士には、熱い応援の弁をいただきました。これもまた感謝。

 

 そして、私からのスピーチでは自分の想いを、存分にお話させていただきました。

 相手のことは全く触れなかった。この期に及んで、相手のことを言っても仕方ない、と思ったからです。

 私の出馬の経緯もあり、これまで、ともすれば私自身が「反現職」というスタンスを取り、そのような内容の演説をしてきた。

 しかし、今日は私を支持してくれる人がメインであろう来場者と、「みんなと一緒に実現したい将来の敦賀像」を共有したいと思ったのです。

 1月20日の出馬表明以来、今日初めて「反〇〇」ということではなく、「米澤光治」として自分自身への支持を求める、そんなスピーチにしたかった。その結果、自然と相手のことが一切入ってこないスピーチになりました。

 

 とにかく大変に盛り上がって、最後の出口での握手の時も、皆さん、満足そうに見えた。スピーチについては、あれはあれでよかったのだろう。

 明日一日、悔いのない選挙運動をしたい。

...

敦賀市長選挙日記4月18日


2019.04.18 by よねざわ光治

 選挙戦5日目、終盤に差し掛かった今日、選挙カーは愛発地区スタート。

 「お出まし」を多くいただいて、時間調整が難しいが有難い。

 あと、4年前の市会議員選挙と今回の市長選挙の違いのひとつは、企業対象の街頭演説が増えたこと。うまく話せるか、多少は気が張ります。

 あとは市内いろんなところを回りました・・・としか言いようがない。いろんなところで、いろんな方々に「お出まし」いただきました。

 もう終盤戦なので、人前で話すにしても、政策の話より気持ちの話が増えているのは否めないところです。

 今日あるところで尊敬する方に言われたのが、「米澤さんの敵は、『一期でやめさせたら可哀想』という人たちじゃないか」。

 それだったら、初めから一期目は8年任期にして、2期目から4年任期にすればいい。

 でも、そうではないですよね。なぜなら「4年経ったら、リセットして立候補して有権者が選ぼうね」というのが法の精神であり、また一期目であろうが、4年間でダメだったら選挙して選び直せばいいからだと思います。

 だから、一期目の現職市長に対抗して出馬するのも、なんら問題がないと思っています。

 勝利を信じて戦いぬきます。そして勝ち抜きます!!

 私は今回の市長選挙の大義と正義は、私と私の陣営にあると思っていますから。

 

 

 

 

...

敦賀市長選挙日記4月17日


2019.04.18 by よねざわ光治

 選挙戦も中日の折り返し地点、4日目に入りました。

 今朝の福井新聞に敦賀市長選の世論調査が掲載されていました。

 見出しは「渕上、米澤氏が横一線」。

 どんな情勢であろうが、私とよねざわ選対がやることはあまり変わらず、まじめに愚直に市内を回り、一人でも多くの方とお話をすることです。

 政策的なものは、議会でも提案してきたことを中心に、この4年間の積み重ねの中で考えたことを打ち出しました。だからいい加減なものはない、スローガン的ではなく具体的なものになっていると自負しています。

 これも新聞に出ていた記事、例えば福井新聞4月16日2面のお互いの公約を見ていただくと分かりますが、私の公約は具体的で何をするのか分かりやすいと思います。

 

...

市長選挙日記4月16日


2019.04.17 by よねざわ光治

選挙戦も3日目、中盤戦に入りました。

今日は日中は選挙カーで市内回り、夜は粟野公民館で「粟野地区総決起大会」でした。

さて、今日、いい意味でびっくりしたこと。

一つ目、「有権者の反応が急に良くなってきていること」。

・たった一週間前と比べても全然ちがう。ましてや半月前、一か月前とは桁違いに良くなった。

・例えば、選挙カーを回していて、「お出まし」が増えた。選挙カーのスケジューリングで時間配分を考えなくてはいけなくなるかも。

・例えば、選挙カーを回していて、「お手振り」、「クラクション」、「パッシング」が増えた。「お手振り」も笑顔でガンガンに手を振っている人が多い。

二つ目。「粟野地区総決起大会」で私が想定していたより参加者が多かったこと。

・後ろの壁際だけでなく、横の壁際にも立っている人が多かった。ロビーにも人が溢れていたらしい。

・入れなくて帰られた人も居られたらしい(後でお叱りがあったそうで)。

・老若男女のバランスも取れていた。特に若い人が多かったのは驚きだった。

・プラザ萬象で、全市対象の「総決起大会」を予定しているので、粟野ではそんなに来ていただけない、と予想していたのだが・・・。

 

 以上、「今日、いい意味でびっくりしたこと」でした。

 私としては、やっと選挙の挑戦者としての資格を得た、権利を得たのかな、と思っています。

 そのうえで、挑戦者として選挙戦を戦い、「あたらしい敦賀を開拓する」、「敦賀をひとつに。敦賀の力を結集する」を愚直に訴えていきたいと思います。

 では!

 

...

市長選挙日記4月15日


2019.04.16 by よねざわ光治

選挙戦2日目、4月15日(月)の日記風ブログです。

今日も市内一円、回ってきました。

今日の感想は・・・

・みんなの「期待」が大きい。

・回っていると、外にまで出てきていらっしゃる方が大勢だったり、車からあれだけの人が手を振ったり、クラクション鳴らしたり、パッシングしていただいたこと、感謝ですよね〜。これも手応えのひとつ!

 夜は本町会館で個人演説会。

 豪華な応援弁士に続いて私のスピーチ。思ってもみなかったのですが、会場に一体感が生まれるような雰囲気になりました。これも手応え!

 20時ごろ個人演説会を閉じ、事務所へ直行。ミーティングしている方々には申し訳なかったけど、「終礼」のあとは家に帰ってよく寝ました。

 今日一日、有難うございました。

...

市長選挙日記4月14日


2019.04.16 by よねざわ光治

 今までこのブログは議会での一般質問の内容を報告したり、政策的なことを報告したりしていました。議会の報告をするときは録画を見ながら、質問や答弁を正確に文章に起こしたり、データ的なことを調べたりするので、ブログを書くのに1~2時間、あるいはそれ以上の時間をかけていましたので、頻繁には更新していませんでした。

 選挙戦に入り、ブログを楽しみにしているという方も増えたという選対本部情報もあり、簡単な日記形式ですが毎日書いてみよう!と宣言してみます。

 ・・・ですので、一日遅れですが、初日4月14日(日)分から書いていきます。

 初日4月14日(日)は出陣式、そして選挙カーで市内一円を立候補のご挨拶に回りました。スタートは神社へのお参り、お墓参りから。事務所に入ってからは出陣式の来賓とお話したり、多少は立候補者のスピーチを考えたり、とか。

 そして、出陣式。予想より大勢の方に集まっていただいたようで、人が歩道まで溢れ、苦情が出る始末。

 多くの来賓の方にご挨拶いただきました。中でも高校3年間同じクラスだった仲倉典克県議の激励の挨拶には、途中、私が泣きそうになりましたが、ギリギリこらえました。「友人代表」という肩書で挨拶されたのも彼らしいし、また挨拶のお話も素晴らしかった。

 さて、立候補者の決意表明=私のスピーチの番になりましたが、内容をそれほどきっちりと組んでいなかったのですが、緊張することもなく、大勢の皆さんの前で気分よくお話いたしました。

 ちなみに、最後の方で「声がかれ、泣くのをこらえているように見えた。あるいはもう泣いていたのでは?」という声もありますが・・・、答えは何か喉が痛かった。だから声がれした、というのが真相です。

 無事、出陣式を終え選挙カー行動隊スタート。午後からは雨が降る天候のなか、いろんな方と交流を確認し、情報をもらってきました。

 夜は山泉会館で個人演説会。いろんな方に来ていただいて本当に感謝します。

 一日目の感想をひとことで言えば、「走りすぎた」。私の悪い癖で「すぐに走る」。

 お陰様で、無事終了しました。今日一日、本当に有難うございました。

 

 

 

...

事務所開き


2019.03.03 by よねざわ光治

昨日3月2日に事務所開きを行いました。

場所は平和町1008番です。

事務所開きは、まずは10時からのご神事。そして、多田後援会長の挨拶、続いて山崎参議院議員、石川県議、力野県議、中村自民党敦賀市支部長の祝辞をいただきました。

そして最後に私が登壇、今回の市長選出馬の決意、私の考えや思いを訴えました。

この上ない晴天と暖かな陽気の中、大勢の方にご参列いただきました。

事務所開きについては、元々ご神事であって、人数を集める行事ではないという考えもあり、動員などかけていませんでした。だから、前日になって「よねざわ事務所開きの連絡が無いが、いつやるのか」という問い合わせ電話をいただいたりして、ご迷惑をおかけしました。

動員や人集めをさほどしていないにもかかわらず、この事務所開きには想定以上の支持者、後援会員に集まっていただきました。お陰様で、来場者名簿の紙が無くなったり、4月14日の出陣式の告知チラシも無くなって配れなくなりました。すみませんでした。

それにしても、活動の拠点、応援していただける方々が集える場所ができたのは何より嬉しいことです。

事務所の開設にご協力いただいた皆さまに感謝いたします。

この事務所を中心とした、人の輪が広がることを楽しみにしています。

いつでもお越しください。歓迎します。

 


ブログカテゴリー